Skip to main content

   米沢牛 肉の斎藤

                                                       いらっしゃいませ!!米沢牛の里 山形・川西町の肉の斎藤です。最高品質の米沢牛は、味の芸術品。全国においしさをお届けいたします

いらっしゃいませ肉の斎藤です!
店舗案内・配送などのご案内
米沢牛について
商品紹介 お買い物
お問い合わせ
米沢牛とは

明治初期に、米沢藩校「興譲館」に赴任した英国人チャールズ・ヘンリー・ダラス(おかかえのコックは万吉)が、任期中に食べた米沢牛の美味しさに感動し、任期を終えて横浜に戻る際に一頭持ち帰り知人に振舞ったこときっかけとして、その美味しさはたちまち人々に伝わり「米沢牛」が世に知られるようになりました。
山形県南部の置賜地方の3市5町で、30ヶ月以上飼育され、肉質が5等級または4等級の牛が「米沢牛」として認められます。
 
 米沢市上杉公園内 「米沢牛の恩人」の碑
 
おいしいさの理由

南に吾妻連邦、西に飯豊連邦の山々に囲まれた置賜盆地。独特の盆地気候の中で肥育されています。朝晩、夏冬の寒暖の差が激しい気候と、肥沃な土地。豪雪の山から流れるミネラル豊かな水。米沢牛のきめ細かな霜降りと、融点の低いといわれる風味良い脂が出来上がります。
また、この置賜の風土は、豊穣な実りをもたらし、最上級な米が作られています。牛たちは良質の飼料と稲わらで育ってゆくのです。旨味はもちろん、香り、食感、とろけるような舌触りを感じていただけます。
 
検査体制の強化により、米沢牛の出荷には
  牛の登記書
  定義に合致していることを示す米沢牛証明書
  放射性物質検査に基づく安全証明書
以上の3点が添付されるようになります
 
生産農家の永年にわたり培ってきた、知恵と技術
そして何よりも、深い愛情によって大切に肥育されています
まさに日本のブランド、そして日本が世界に誇る農産物といえます